お知らせ

2020/09/15

ラウンジチェア CH25

ラウンジチェア CH25

ラウンジチェア「CH25」。

 

自分が尊敬するハンス.J.ウェグナーがデザインし、1950年にカールハンセン&サン社より発表された。

 

今年の5月からカール・ハンセン&サン社の家具を取り扱わせていただける事になり、初めて「CH25」を生で目にした。

 

第一印象は、ただただ佇まいが美しい。

 

威風堂々とした存在感。

それでいて座る人をそっと包み込む様な優しさも感じられる。

 

見ているだけでも癒される。

 

座ってみると、座面と背もたれの横の部材が緩やかな曲線を描き、絶妙な座る角度、そしてペーパーコードの程良いしなりが優雅な座り心地を与えてくれる。

 

また、幅の広い肘掛けが腕を置いた時に安定感と優しい木の質感を感じられる。

 

 

ウェグナーの家具は見れば見るほど細部にまでこだわって作られている。

 

 

 

 


 

 

 

 

元々、家具職人だったウェグナー。

 

木の特性、家具の構造を熟知しているからこそ、デザインありきではなく、強度や技術的に効率良く作れるかどうかなど、あらゆる角度から見てベストなデザインをしている。

 

 

ウェグナーの家具を観察している時、「ここはおそらく、こういう思いで作ったのだろう」、「何故、このような形にしたのか?」と今は亡きウェグナーと会話している気持ちになる時がある。

 

 

 

CH25はウェグナーの「思い」を大切にしながらカール・ハンセン&サンの職人の方々が、1950年から約70年間、途切れる事なく作り続けている。

 

 

効率良く機械で加工できる所は機械を使う。

ただ、機械も職人の知識、経験が無いと上手く扱えない。

そして、最後の仕上げは職人の目と手で感覚を確かめながら仕上げていく。

 

座面と背もたれのペーパーコードは熟練の職人でも1脚仕上げるのに10時間もかかると言われている。

 

 

 

CH25には別の楽しみもある。

新品のオーク材は少し白っぽい。

それが使い込んでいくうちに太陽の光などで木が経年変化して色が少しづつ飴色に変わっていく。

自分で「ヴィンテージ」を育てていくのだ。

 

※写真はCH25ではなく、同じオーク材のGE290Aのヴィンテージ(奥がCH25)

 

 

自分でもCH25を十分に満喫して、ヴィンテージになったら子供に受け継ぐ。

 

そんな人生を送りたいと妄想しながらCH25に座り、気持ち良くブログを書いた。

 

 

2020/08/04

北欧家具の魅力

北欧家具の魅力とは何なのだろう?

 

最近、北欧家具の魅力とは何かを改めて考えてみた。

 

シンプルでモダンなデザイン、機能性、座り心地、木の質感…。

 

自分も約10年前、北欧家具と出会った時は、まずはその「デザイン」が

 

ただただカッコいいと思い、魅力を感じた。

 

そして実際に座ってみて、使ってみて、さらにのめりこんでいった。

 

ただ、北欧家具以外でも、似たデザインや座り心地、機能性の良い家具は他にもある。

 

北欧家具だけの魅力とは何なのか。

 

毎日、北欧家具を眺め、本などで調べていき感じたことがあった。

 

それは「本物」ということ。

 

本物にしか出せないオーラ、風合い、佇まい。

 

その家具から感じるデザイナー、職人の思い。

 

そして約70年という長い間、大切に使い続けてきたデンマークの人の思い。

 

目には見えないが、決して真似できない、確かに感じるその思いが、北欧家具の魅力の一つでもあると

 

最近思った。

 

 

2020/06/29

自信

夜、寝る前に8歳の娘が泣いていた。

 

国語のノートを無くしてしまったらしい。

 

色々と妻と話をして安心して眠りについたみたいだ。

 

学校に行き、漢字を覚え、算数もできるようになり、大人が使うような

 

言葉で話すこともあるが、まだまだ小学生。

 

 

 

これからの長い人生。

 

楽しいことも、辛いこともたくさんあるだろう。

 

たまに娘に「自信を持ってやりな」と話す。

 

よくよく考えると、これは娘に言っているようで、自分自身に言っているのだ、

 

と思う時がある。

 

 

 

 

「自信」

 

自分を信じること。

 

自分はできるんだと自分に言い聞かせること。

 

今までの人生、何度自分自身に言い聞かせただろう。

 

 

今日ふと、娘に「自信を持ちな」と話した時に思った。

 

自信を持つ時というのは、壁を乗り越えた時、目標を達成した時、

 

自分自身に言い聞かせている時、そして人から「信じてもらえている時」だと。

 

 

不安な時、気持ちが落ち込んだ時に、大切な家族、友人からかけられた言葉。

 

「自分を信じてくれている」という思い。

 

何気ない一言かもしれないが、その一言でどれだけ勇気が出ただろう。

 

 

自分を信じようとする時、人を信じる時、それはまだ答えが出ていなく、

 

空気をつかむようなものだ。

 

確証はないけど「絶対できる」と信じる。

 

それは意外としんどい。

 

ただ、信じて一歩踏み出さないと進めない。

 

「自分を信じる」というのは簡単なようで難しいかもしれない。

 

「人を信じる」というのはさらに難しい。

 

ただ、「信じてもらえて」自分は乗り越えることができたことがある。

 

だから、挑戦する人、そして娘を心から「信じる」ことができる自分でありたい。

 

 

 

 

 

2020/05/13

母の日

最近、小学2年生の娘を見ながら、自分の小学生時代の事をよく思い出す。

 

宿題を全然しなかったこと。

 

テレビばっかり見てたこと。

 

隠れてファミコンをしてたこと。

 

友達とごみ箱に水を入れてプール代わりにしてたこと。

 

駐車場にある車の屋根に登って遊んでたこと。

 

いたずらをし、言う事を聞かない度にいつも母に怒られてた。

 

 

今、娘はよく妻に怒られている。

 

自分のあの時と同じだ(笑)

 

 

ただ、母はどんなに怒っても、最後は絶対に味方でいてくれた。

 

 

サッカーのスパイクが欲しくて、お金を頂戴と母にねだり、(貧乏だった我が家は)

 

「お金は無い」って言われても、次の日の朝にそっと机の上に置かれていた。

 

 

今、子を持つ親になって少しずつ親の気持ちが分かってきた。

 

でも世の中のお母さんには敵わない。

 

旦那が寝ている横で真夜中に子供にミルクを何度もあげている。

 

仕事をして疲れているのに夕飯を作ってくれている。

 

家族がテレビを見ている陰で洗濯をしてくれている。

 

子供の為に朝早く起きて朝ごはん、お弁当を用意してくれている。

 

本当に頭が下がる。

 

 

 

自分の時間を削って毎日、家族の為に頑張ってくれている世の中の「お母さん」。

 

そして、母さん、妻のお母さん、奥さん、1日遅れですがいつも支えてくれて本当に有難うございます。

 

 

2020/05/10

ハンス・J・ウェグナー

ハンス・ヨルゲンセン・ウェグナー。

 

最も尊敬している家具デザイナーであり、家具職人でもあります。

 

なぜ、こんなにもウェグナーに心惹かれたのか。

 

ウェグナーの事を知ったのは今から10年前、27歳で働き始めた北欧ヴィンテージ家具屋さんにいた時でした。

 

そこにあったウェグナーがデザインした「GE290」というイージーチェア。

 

ただただ単純に「カッコいい」と思いました。

 

シンプルなデザインながら威風堂々とした佇まい。

 

座ってみると、今まで座ったことのある椅子、ソファとは比べものにならないくらい座り心地が良かった。

 

そしてリペアをしながら、細かい所を見ていくと一つ一つに意味を感じる。

 

ウェグナーの事をもっと知りたいと思い、色々とウェグナーの事を調べ始めました。

 

 

まず驚いたのは、ほとんどの椅子が1940年代~1970年代にデザインされているという事。

 

ウェグナーは1914年、日本だと大正3年生まれ。

 

自分の祖父が大正8年生まれなので、祖父より歳上の人がこんなにカッコいい椅子をデザインしたのか、というのが衝撃でした。

 

 

ウェグナーは家具デザイナーですが、家具職人の目線も持っています。

 

13歳から近所の木工所にいたH.F.スタルベルクに弟子入りし、17歳で木工マイスターの資格を取得、20歳で兵役に行くまで職人として働いていました。

 

 

ウェグナーのデザインする家具の特徴として、デザインはもちろん、「こんな事をしたら壊れる」という事は絶対にせず、強度や材料を無駄にしない作り方、そして座り心地などの機能性をとてもよく考えて作られています。

 

 

今でこそ世界中でウェグナーの椅子が愛され、ファンがたくさんいるウェグナーですが、1943年、29歳で家具デザイナーとして独立した当初は妻のインガの収入で暮らさざるを得ない時期もあったみたいです。

 

そんなウェグナーをある人は、「ウェグナーは天才肌のデザイナーではない。ひとことで言えば不器用な人、ウェグナーは努力の人だ」

 

と評しています。

 

また、デンマークを代表する家具メーカー、PPモブラーの創業者でありマイスターでもあるアイナ・ペーターセンは、ウェグナーの事を

 

「木の家具をデザインさせたら世界一の男。ただ気難しい。酒も飲まず、四六時中家具の事しか考えていない」

 

と話しています。

 

 

ウェグナーの家具はデザイン、機能性はもちろんの事、その家具が作られるまでの背景や苦労、そしてウェグナーの人間性が細部にまで感じられるからこそ、約70年経った今でも、世代を超えて愛され続けてると思います。

 

 

1993年、79歳で健康上の理由から現役を引退し、2007年に92歳でウェグナーは亡くなります。

 

長女のマリアネ・ウェグナーが父のデザインを整理している中で、

 

「1点でも作られた家具は800~850、残された図面は2,500にものぼる」

 

と話しています。

 

その数だけでも、ウェグナーが「努力の人」だった事が伝わってきます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9