お知らせ

2021/11/05

Yチェアの魅力とは?      

Yチェアの魅力とは?

家具の修理の仕事をしてきて、これまでに国産家具から輸入家具まで様々な家具の修理をしてきました。

それぞれの国、メーカーによって作り方にも特徴があります。

見た目は綺麗ですが、見えない所は大雑把に作っていたり、コストを抑えるために安い材料を使ったり、大量生産のためにスピード、効率を重視した、流れ作業で作っているんだろうな、と思える作り方をしていたり。

その中で、日本の家具とデンマークの家具はちゃんと作っている、という印象がありました。

日本の家具は「壊れないように」頑丈に作っていて、デンマークの家具はメンテナンスをすることを前提に作っている、というのもリペアの仕事をしていて感じたことの一つです。

また、デンマークの家具(特にウェグナーの家具)は作り方だけでなく、デザイン性、座り心地、機能性、丈夫さ、メンテナンスのしやすさなど色々な視点から見て、家具を作っているなと思います。

 042E4D72-5A0A-44F5-8B1B-59C8101AA024.jpeg

世の中には本当にたくさんの家具があります。

その中でも椅子は特に種類が豊富です。

数多くの椅子があり、修理をしたり、お店や雑誌で見たり、色々な椅子を見てきて、あえてNo.1を選ぶなら自分は「Yチェア」を選びます。

 

デザイン性、座り心地、丈夫さ、メンテナンスのしやすさ、価格、修理をするときのコスト…。

どれをとっても10点満点でいったら8点〜9点で、総合評価が高いです。

 

人それぞれに価値観があるので、好きなデザイン、好きなテイストを選ぶのは大事なことで否定はしません。

むしろこだわりがあってインテリアを楽しんでいる、お気に入りの家具を大事にしているということは、とても素敵なことだと思います。

 

ただ、何を買うか迷っている人、どんな椅子を買えば良いか分からない人にはYチェアをお勧めします。

AEAAF748-900D-42C4-9F8A-185630DE8E88.jpeg

Yチェアは少し白っぽいビーチ材や、色々な家具でも使われているオーク材、濃い色のウォルナット材、ヴィンテージに合うマホガニー材、カラー塗装された黒、白、グレー、緑、赤、青など、多くのラインナップがあるので、どの空間にも合わせやすい椅子です。

以前、築100年以上の日本の古民家に置かせていただいた時は、意外と赤がとても似合っていました。

 

そんなYチェアですが、1950年に北欧デザインの巨匠ハンス・J・ウェグナーがデザインし、カールハンセン&サンより発売されて以来、70年間途切れることなく作り続けられています。

これは裏を返せばどの世代にも、また色々な国でも受け入れられているということだと思います。

そしてそれは、次の世代にも受け継ぐことができる、ということでもあります。

 

受け継ぐことができるということは、家具のゴミが減ることにもつながります。

前職では大きな家具会社に勤めていたので、毎日ゴミ収集車4台分位の家具が捨てられている光景を目にしてきました。

1年だと、日本中だと、世界中だと、どれくらいの家具が捨てられているのかを想像すると言葉に詰まります。

捨てられている家具の多くは安価で大量生産されているものであったり、知らないメーカー、ブランドのものでした。

その多くの家具のゴミは最終的に燃やしたり、埋め立てられています。

 

 

Yチェアはデンマークの老舗家具メーカー、カールハンセン&サンの職人の方々により、受け継がれてきた技術、誇りを持って作られています。

また、細かい所を見れば見るほど、知れば知るほどウェグナーのこだわりを感じられます。

 

一生モノの椅子であり、次の世代に受け継ぐことができるYチェア。

まだまだお伝えしたい魅力がたくさんあるので、改めてブログに書こうと思います。

 

 

Tukuroi(ツクロイ)

愛媛県松山市三津1-2-8

 

カールハンセン&サン正規取扱店

北欧ヴィンテージ家具

家具修理

 

営業日:土曜日(11:00〜17:00)

定休日:日曜日

※平日は予約制になります。お気軽にご連絡下さい。

来店のご予約はこちらから